A Different kind of truth

ブラウンサウンドの異なる真実。月に1度の更新予定です。

Fuzz Resitance Episode 0

今から5年ほど前のことであったでしょうか。

こんな動画もあったことから、ブラウンサウンド研究で有名なメトロアンプフォーラムでもアンプ+ヴァリアックにマイティマイトのピックアップが真相ではといった流れでした。

f:id:Ed_hunter:20180106225545j:plain

しかし、やはりSecret Pedal はあったのでは無いかと言う説も消えることはありませんでした。

f:id:Ed_hunter:20170811094225j:plain

エコープレックスでは無く、ユニボックスのエコーがブースターではないだろうか。そこで、ハンドルネームmr.twistyneckという人物は、ユニボックスのブースター回路は、カラーサウンドのオーバードライバーとほぼ同じ回路であり、スローバックのレプリカをブースターとして使用することにしたのでした。

f:id:Ed_hunter:20180106225323j:plain

 上の画像が、その時のペダルボードの配置です。

f:id:Ed_hunter:20180106225734j:plain

アンプ類は、一番上の画像のように71年製のsuper leadにヴァリアック(約90V)、さらに音量を下げるためHotplateも使用していたようです。4X12のマーシャルキャビネットは、65Wのセレッションらしいとのこと。

f:id:Ed_hunter:20180106225509j:plain

オーバードライブは、ゲイン0でマスター最大の完全なブースターとしての使用のようです。

http://www.twistyneck.net/SP/080612ITOband.mp3

公開された音源は、アンプ直よりもかなり雰囲気がでており、ブースター系を使っているのではないかとの思いが強くなりました。実際にオーバドライブブーストを入手してみるとゲインを上げた方が、よりらしくなります。そして、インタヴューを読むと改造したファズを使っているとの発言があり、これはひょっとしたらひょっとするのだろうか。。。