A Different kind of truth

初期ブラウンサウンドはファズなのか?

ハイゲインとディストーション

実は、オーバードライブとディストーションの記事へのアクセスが多いようですので、今回は、少し補足的な記事を書こうかと思います・

・ゲインとは

f:id:Ed_hunter:20210516135128j:plain

海外オークションなんかの売り文句でMy Loss, Your Gain (私の損失はあなたの利益、つまりお買い得です)なんて見かけますね。 ゲイン(gain)とは入力と出力の比(利得)のことです。ピックアップで拾った電気信号は、電磁誘導で発生するものですので電圧が低いので高い電圧に増幅します。電気信号を増幅する電子回路をアンプリファイア(アンプ)と呼びます。ちなみにゲインとは入出力比のことなので、パッシブピックアップの場合は電気信号を出力するだけですので、ハイゲインと言うよりハイアウトプットと言った方がより正確な表現だと思います。

 ・クリップとは

f:id:Ed_hunter:20210516142927j:plain

例えば、真空管アンプでは真空管で電気信号を増幅しますが、これはある限度を超えるとそれ以上正確に信号を大きくできず音が潰れ(割れ)ます。これをクリップ(切り取られる)と言います。クリップするレベルが高く、ゲインを上げても歪みにくく、頭打ちしにくいことを頭打ちまでの余裕がある、つまり頭の上の空間(ヘッドルーム)が広いと言います。歪みが発生しにく大型真空管アンプなどを意味する時に使われたりします。
・ハイゲイン

f:id:Ed_hunter:20210516142950j:plain

真空管アンプでしたらクリップが発生するレベルは同じですから、ゲインが高いほど元の波形からの歪みが大きくなります。ディストーション回路では、増幅された信号をダイオード等に通します。ダイオードは一定の電圧以上の信号を通しませんので、一定値以上の信号はクリップされます。ダイオードの種類によってその電圧は異なりますので、低電圧のものは良く歪みますが音量は小さく、高電圧のものは歪みは浅く音量は大きくなります。MXRのディストーションプラスは前者で、DODのオーバードライブプリアンプが後者なのは、有名な話です。

ディストーションのレベル

f:id:Ed_hunter:20210516143129j:plain

真空管アンプの場合、同じ信号を元波形と比べてみると、ハイゲインの方が元の信号に比べて、よりつぶれています。元信号との差が歪み(ディストーション)ですので、ハイゲインの方が、歪みのレベルが高くなりますので、ハイディストーションと言うことになります。ディストーション回路の場合は、ゲインとディストーションの関係は、逆になりますので、注意が必要でしょう。それでは、歪みのレベルを同じにしてしまえば、真空管アンプもオーバードライブもディストーションも全て同じ歪みになるのでは無いか?イコライザーで音域調整すれば大差無いのでは無いかと思いませんか?

・ハードクリッピングとソフトクリッピング

f:id:Ed_hunter:20210516143331j:plain

実際には、深めのオーバードライブと浅めのディストーションでは、歪みの量が同じでも質感が異なります。それは、クリップの仕方が異なるためで、ハッキリとクリップするタイプをハードクリッピング、緩やかにクリップするタイプをソフトクリッピングと読んだりします。アナログの電気信号は、回路や素子の違いによって、クリップの仕方が異なり、波形も変化してきます。現代では、オーバードライブでも良く歪むものもありますが、歪みの質感がディストーションとは異なると思います。その違いは、回路の違いが大きいように思います。

ed-hunter.hatenablog.com

Mike Dawes - Jump (Van Halen) Solo Acoustic Guitar

連休は、あまり外出する雰囲気でも無いので、家でyoutubeを見てることが多かったです。時間があるので、ヴォーカルコーチ・リアクトとか、クラシック作曲家リアクトとか長めのものを見ていて、とても素晴らしい動画を見つけました。

f:id:Ed_hunter:20210504151643j:plain

マイク・ドーズさんと言うアコースティックギタリストの作品です。コメント欄から内容を紹介しましょう。

 14歳の時、初めて聴いたエディ・ヴァン・ヘイレンの演奏が、僕の世界を変えたんだ。学校で「ビート・イット」のソロをアコースティックギターで弾いてみたんだ。

2020年は、コロナ禍で2ヶ月間ギターを弾いていなかったんだ。エディの訃報を聞いて、再びギターを手に取りたい衝動に駆られたんだ。エドが若いファンに「音楽をプレイして、ただミュージックマンとしてプレイして」と言っている素晴らしい動画があったんだ。そして、朝の6時までプレイした。

これは、100%の愛と誠意で作ったんだ。これは、無料ダウンロードでき、現金化も広告もありません(ヴァンヘイレンのパブリッシャーが要求しない限り)。

たくさんのプレイヤーにインスピレーションを与えたレジェンドに敬意を表してトリビュートを作りたかったので、うまくいくことを願っています。多分、あなたもプレイしたいとインスパイアされるでしょう。

RIP EVH

 

MXR Overderive Model 164

1974年にMXRは、Distortion+と言う画期的なエフェクツペダルを発売しました。ランディローズの使用で有名ですが、最近では、スティーヴ・ヴァイやデビュー前のエディヴァンヘイレンが使っていたことも明らかになっています。しかし、70年代後半、BOSSやIbanez(Maxon)から低価格で高性能なエフェクツペダルが登場し、競争力を失っていきます。1981年に安価な日本製品に対抗するため、Commandeシリーズを発売します。

f:id:Ed_hunter:20210416205349j:plain

command(コマンド)でもcommando(コマンドー)でも無く、正しくはcommandeシリーズです。コマンディと読むのでしょうか?1980年頃には、従来のReferenceシリーズでもLED、ACアダプタージャックを採用しましたが、Commandeシリーズでは、コストダウンのためLexian社のポリカーボネイト製を使用し、ジャック位置をトップ側に移動、大型のフットスイッチを採用します。しかし、1981年の為替レートは1ドル220円でしたので、日本で1万円の製品は40〜50ドル、逆にアメリカで100ドルの製品は22000円、見た目の安っぽいCommandeシリーズには、難しい戦いだったかもしれません。国内で見かけることは全く無いので、恐らく売れ無いだろうと判断し、国内販売はされていなかったのでは無いかと思います。海外でもそれほど売れなかったのか、MXRは1984年に製造を中止します。

f:id:Ed_hunter:20210409083851j:plain

 commandeシリーズの歪みモノは、DistortionではなくOverdriveです。ジムダンロップ以降は、Overdriveもありますが、MXR期では唯一のOverdriveのように思います。日本製品への対抗なのか、単に名称を変えただけなのかは、気になるところです。しかし、動画もレヴューも全然見つかりませんでしたので、購入して確かめることにしました。

f:id:Ed_hunter:20210418133951j:plain

サイズはBOSSよりも少し大きめですが、プラスチック筐体のためすごく軽いです。スイッチは、真上から踏む感じですと誤作動はほとんどしません。Distortion+と比べると歪みはやや少なめで音量は大きめです。Distortion+の廉価版では無いように思います。BOSSのSD-1に似ていますが、歪みは多めの感じです。音域的には、ミッドハンプは弱くアメリカンハードロック風のトーンに感じました。

f:id:Ed_hunter:20210409083900j:plain

気になる中身ですが、オペアンプDistortion+の741系では無く、とても有名なRC-4558P MALAYSIAが使われています。やはり日本製のオーバードライブを意識していたのかもしれません。ただし、ぎっしりパーツの詰まった日本製のオーバードライブに比べるとかなりシンプルなようです。こんなにスカスカならもっと小さい筐体でも良いような気もしますが。。。この辺が、アメリカ的なサウンドの秘密かもしれません。サウンドは、かなり好みなのですが、プラスチック筐体のためシールド性能が低いのかノイズが多めに感じるのが、残念なところです。

Cusack Screamer

・Underrated overdrive

最近、シングルコイルのストラトタイプのギターを良く弾いています。ストラトにファズフェイスも良いですが、オーバードライブも欲しくなります。ジョシュさんによるとオーバードライブは、ソフトクリッピング系(TS系)、トランスペアレント系(ブルースブレイカー)、ハードクリッピング系(Distorton+,RAT)、クロン系、トランジスタ系(ブルースドライバー)の5つです。TS系でなにか良いのは無いかなと思っていた時、JHSの動画(過小評価なオーバードライブ)を見て気になるものがありました。それが、キューザックのスクリーマーです。

 f:id:Ed_hunter:20210210221000j:plain

・Cusack Screamer V1(2005-2008)

キューザックは、ジョン・キューザックさん(俳優と同名)が、2002年に始めたブランドになります。キューザックさんは、もともと電気関係の技術屋さんだったようで、このエフェクターのスイッチも特徴的なものです。「Cusack Screamerは、一般的なチューブ・スクリーマーの約2倍のゲインを持つクリーンなオーバードライブです。 通常のオーバードライブよりもはるかに明瞭です。 通常は埋もれている複雑な和音の個々の音を実際に聞くことができます。」ジョシュさんによりますと、一般的なTS系エフェクターとは異なる秘密があるそうですが、その内容は秘密だそうです。ちなみにモジョハンドFXは、キューザックさんが買収したようです。

f:id:Ed_hunter:20210210220317j:plain 

・George Lynch

キューザック・スクリーマーのユーザーとしては、ジョージ・リンチがいます。ジョージと言えばTS808使いで有名ですが、2005年ころ?から、キューザックを使っていたようです。最近のインスタを拝見すると、Ibanezに戻ったようですが、トーンベンダー、ビッグマフ、アナログマンのファズの他、KLONなんかも使っているようです。 

f:id:Ed_hunter:20210210220223j:plain

・Tube Screamer Style Overdrive Pedals

ジョシュさんによるとソフトクリッピング系のオーバードライブは、TS系とトランスペアレント系に分類されています。どちらもオーバードライブ型の回路で、その違いは音域だけのように思われます。チューブスクリーマーをどんどんModしていくとトランスペアレントになるだけのことかもしれません。

f:id:Ed_hunter:20210210220250j:plain

・Review

あまり人気が無いせいか、割と簡単にジョージと同じシリアルが表面に無い初期モデルを入手できました。JHSのジョシュさんも褒めるように一聴して良いエフェクターだとわかります。特に高音域の抜けが良く、とても生っぽい音(raw)に感じました。確かに業界で一番すごいTS回路かもしれません。キューザックは、基本TS系ですのMIDは強めなのですが、全体的に抜けが良いせいか、honk(鼻詰まり)感は軽めに感じます。ストラトとの相性は当然良いですが、ハムバッカーで使ってもとても良いです。TS系としては、かなり優秀では無いでしょうか。

チック・コリアとギタリスト

チック・コリアは、ジャズだけでなく、ジャズロックフュージョンでも活躍しました。チックとゆかりのあるギタリストについて語りたいと思います。

ジョン・マクラフリン

マイルスとともに活動したジョン・マクラフリン。チックのリターントゥフォーエヴァー、ジョンのマハヴィッシュヌオーケストラは、ジャズロック、クロスオーバーと時代を変えていったと思います。初期のジョン・マクラフリンは、マエストロのファズ・トーンを使っていたと言われています。

 ・リターン・トゥ・フォーエヴァーとライト・アズ・ア・フェザー

RTFの一期は、ギタリストがいないのですが、やはりチックと言えば、この2枚を避けては通れないでしょう。初めて買ったチックのCDは、有名なカモメの奴でした。ギター好きの私ですが、訃報の後、繰り返し聴いているのは、この2枚だったりします。ネット情報なのですが、フェンダーのローズは、アンプ内蔵タイプと非内蔵のものがあるようですが、内蔵アンプ部は、ツインリバーブとほぼ同じらしいです。そのため、エレピのサウンドは少し歪んでいるのですが、なかなかこれがいい感じです。また、ワウペダルの音がするのですが、エフェクトループがあるようなので、そちらに繋いでいるのかもしれません。

f:id:Ed_hunter:20210221112913j:plain

・ビル・コナーズ

二期RTFの初代ギタリストは、ビル・コナーズです。アル・ディ・メオラの印象が強すぎるので、知名度はそれほど高くない(いわゆるじゃない方のギタリスト)に思います。あまり知られていないようですが、80年台に発表した3枚のソロアルバムが、アランホールズワースのようなギターを聴くことができます。また、ディマジオのPaf Proは、ビルコナーズ用にデザインされたものだったと思います。RTF時代の機材については、レスポールカスタムを弾いているようです。歪んでいるところは、ファズのように思われます。80年台は、ホールズワースの影響でしょうか、シャーベルを使っていたようです。

f:id:Ed_hunter:20210221112644j:plain

 ・アル・ディ・メオラ

 二期RTFと言えば、やはりアルでしょう。この時代は、フュージョン、クロスオーバーと言うより、ジャズロックと言うか、かなりハードロックです。ギターは、レスポールを色々と使っています。綺麗なサンバーストを黒にリフィニッシュしたり、ディマジオのスーパーディストーションを使っていたのは有名な話です。アンプは、フェンダー、メサMK1、マーシャルを使っていたようです。マーシャルのブースターとしてカラーサウンドを使っていたとような記憶があります。チックは、二期RTFではファズ、モジュレイター系エフェクト、シンセサイザー(MOOG)等も使っているようですが、知識が無いので良くわかりません。70年代ジャズロックは、ジョン・マクラフリンジェフ・ベックアラン・ホールズワースゲイリー・ムーアと個性的なギタリストが多いと思います。

f:id:Ed_hunter:20210221113815j:plain
・ スコット・ヘンダーソン

チックは、80年台になるとエレクトリック・バンドを結成しますが、1枚目のアルバムに参加しているのが、スコット・ヘンダーソンです。ギターは、恐らくHSHシャーベルでピックアップは、ダンカンのホールズワースモデルだったと聞いたような気がします。エレクトリックバンドは、80年台後半とシンセサイザーやデジタルエフェクト全盛時代ですので、RTFに比べるとマイルドなサウンドフュージョンっぽいサウンドです。

・フランク・ギャンバレ

エレクトリックバンド時代の大半で活躍するのが、フランク・ギャンバレでした。フランクは、ロック、ジャズ、フュージョンと幅広いジャンルをこなすテクニシャンです。ギターは、アイバニーズのSシリーズです。80年台後半からのフュージョン・シーンは、ジョン・スコフィールド、スコット・ヘンダーソン(トライバル・テック)、ビル・コナーズ(ソロ)、フランク・ギャンバレ等、テクニカルなギタリストがたくさんいますね。

f:id:Ed_hunter:20210221113124j:plain

 

Whose MXR Distortion +

ネットを検索していたら、面白そうな本がありました。

 

f:id:Ed_hunter:20210127183731j:plain 

Stompbox: 100 Pedals of the World’s Greatest Guitarists。有名なギタリストが、実際に使用していたエフェクターの写真集のようです。豪華な本なので、ちょっとお値段高めです。

f:id:Ed_hunter:20210127183752j:plain

さて、このMXRのディストーションプラスは、誰のだと思います?

f:id:Ed_hunter:20180324110420j:plain

ランディーローズ?

f:id:Ed_hunter:20180324110431j:plain

ひょっとしてエディ???

f:id:Ed_hunter:20190127123953j:plain 

実は、スティーブヴァイさんのでした。ヴァイさんといえば、BOSSのディストーションが有名ですが、MXRも使っていたんですね。ブロックロゴのMXR製のようですので1980年ころのでしょうか。ザッパ時代は、BOSSでは無くMXRだったのかもしれません。

 f:id:Ed_hunter:20210127183845j:plain

 ザッパ関係では、こんな本もあるのですね。こちらもお値段高めですが、面白そうです。

 

 

Motor City Pickups The 2nd Degree Black Belt

・ピートソーン

たくさんギターをお持ちのピートソーンさんですが、ブラウンサウンド系の機材を試す際に良く使う2本のギターがあります。ゴールドのESPのボディにシンクロトレモロのギターは、70年台のディマジオ・スーパーディストーションが載っています。そしてもう一本の黒いボディに80年代のフロイドローズの付いたギターに搭載されているピックアップが、モーターシティピックアップのセカンドディグリーブラックベルトです。動画を見て、久しぶりに使ってみることにしました。

f:id:Ed_hunter:20210112204514j:plain

ディマジオスーパーディストーション

動画の解説によりますと、エディは77年ころからフェンダーストラトにマイティマイトのスーパーディストーションコピーを使っていたこと。ただし、実際にレコーディングに使ったかどうかは誰にも分からない。ピートさんは実際に聴いてみて、VAN HALENのファーストアルバムでトレモロを使っている曲は、セラミックマグネットで直流抵抗が14.1kΩのものではないかとのことでした。

f:id:Ed_hunter:20210112204530j:plain

・セカンドディグリーブラックベルト

モーターシティピックアップは、オールドスクール<ヴィンテージホットロッド<モダーン<エクストリームに分類されています。ヴィンテージタイプのオールドスクールのカテゴリーにブラックベルトと言うモデルがあります。それを一段階パワーアップし、ヴィンテージホットロッドに分類されているのが、セカンドディグリーブラックベルトです。ちなみに以前紹介したアフワユは、それより更にホットなモダーンに分類されています。

 f:id:Ed_hunter:20210112204604j:plain

 ・レビュー

ブティック系のヴィンテージレプリカは、出力がかなり低いものが多く、セカンドディグリーブラックベルトもヴィンテージホットロッドと言っても、それほどパワフルって感じではありません。このピックアップの優れている点は、ヴィンテージっぽい枯れた感じ(シズル感)がありつつ、エッジも効いている(バイト感)点です。両方の良さを両立した(best of both worldな)、数少ないピックアップだと思います。そのため、ゲイン高めの歪みペダル(アンプ)との相性は、ブラウンサウンド系のピックアップの中でもベストだと思います。ピートソーンさんのペダル動画を見てあんなにいい音しないと思っている人もいるかいもしれませんが、セカンドディグリーブラックベルトのおかげもあるように感じます。多分、Thornbuckerはもう少しヴィンテージより、その他のピックアップはホットすぎるのでは無いかと思います。少量生産の本当のブティック経営ですので、基本的にオーダーメイドになりますので、入手に手間がかかりますが、ブラウンサウンド系では良いピックアップだと思います。

・使用弦

弦についてはもこだわりがあるようで、ピュアニッケルで0.09~0.40のセットが良いとのことです。現状、そのセットは売っていないようなので、フェンダーとかアーニーボールで違うゲージのセットを組み合わせているようです。

 f:id:Ed_hunter:20210112204622j:plain