A Different kind of truth

ブラウンサウンド関係の記事は、月に1度の更新予定です。

EP10 BOSS SUPER Over Drive SD-1

ブラウンサウンドと言っても時期によってかなり違いがあると思いませんか。個人的には、1枚目のファズに近い激しい歪み、2枚目から4枚目までの一般的なディストーションサウンド、5、6枚目のナチュラルなオーバードライブサウンドに分けて考えています。 

f:id:Ed_hunter:20190309081538j:plain

海外のライターのデイブハンターさんは、ブラウンサウンドの決め手はMashallのハーフスタックでは無く、初期から使っているSD-1だと語っています。歪みの量はともかく音域的にプレキシマーシャル系とブラウンサウンドは違うというの同感なのですが。さて、ほとんどのギタリストが一度は使ったことがあるボスのスーパーオーバードライブがブラウンサウンドの正体なのでしょうか?

f:id:Ed_hunter:20190309080952j:plain

BOSSのOD-1が1977年11月に発売、1979年頃にTubeScreamerが発売、1981年2月にSD-1が発売されます。Diver Downが発売されるのが、1982年4月ですのでSD-1が使われたとしたらDiver Down以降ということになるでしょう。確かにダイヴァーダウンと1984は、それまでのディストーションっぽいサウンドからかなり歪みの少ないナチュラルなサウンドに変わっています。ものは試しとSD-1を入手してみました。にわかには信じられませんが、歪みの感じ、音域のピークの出方ともかなりSD-1に似ています。多くの人が真空管アンプの歪みだと信じていたのが、BOSSのオーバードライブだとしたらBOSSのエフェクターって本当に優秀ですね。80年代のLAメタルギタリストの多くがマーシャル+SD1を使っていたのは、エディがSD-1を使っているという噂がLA界隈では流れていたからかもしれませんね。