A Different kind of truth

ブラウンサウンド関係の記事は、月に1度の更新予定です。

EP7 MXR graphic equalizer

MXRのディストーションプラスが、想像以上に良かったのでグラフィックイコライザーも入手してみました。メインのファズボックス#1系統はMXRなのに、ボスのグライコの方が人気が高いのはやっぱり日本製だからでしょうか?

f:id:Ed_hunter:20180804203701j:plain

MXRのグライコもロゴ違いで製造年代が異なります。エディ本人が使っていたと思われのがブロックロゴですがボックスロゴ1期と呼ばれる字体は、ブロック体ですが囲みの形状が角の尖った四角になっています。ボックスロゴ1期は、他のペダルでは使われていないようなのでちょっと新鮮な感じですね。

f:id:Ed_hunter:20180804203724j:plain

six bandの名前が追加されいるこちらは78年頃登場のブロックロゴでボックスロゴ2期になります。こちらは、他のペダルにも使われているのでお馴染みな感じです。こちらもジムダンロップ期でほぼ同じ外観で再発売されますが、塗装と色の感じが異なるので見分けはつくとおもいます。

f:id:Ed_hunter:20180804203757j:plain

ボックスロゴ1期の中身です。

f:id:Ed_hunter:20180804203817j:plain

ボックスロゴ2期の中身です。パーツのメーカーは違うようですが、基本的な構成は同じようにおもいます。サウンドの違いについては、グライコなんでよくわかりませんが同じようにおもいます。