A Different kind of truth

ブラウンサウンド関係の記事は、月に1度の更新予定です。

Other EVH Guitars

EVHの有名なギター以外も見てみましょう。 

f:id:Ed_hunter:20171119104932j:plain

 1stツアー時と思われるこのエクスプローラタイプですが、テレキャスのプレートが付いているので、これを改造してドラゴンギターになったのでは無いでしょうか。ちなみにネックは、21フレットのドットマークが無いダンエレククトラタイプのネックです。

f:id:Ed_hunter:20171119104910j:plain

 確かにドラゴンは、エクスプローラっぽいボディシェイプです。ネックは、白いスターに移植されています。無塗装のギターは、フロイドローズ用に音が太くなるようにボディを厚くしたんだったと思います。マホガニーでしたっけ?

f:id:Ed_hunter:20171119105127j:plain

 スターは、その後ペイントされています。

f:id:Ed_hunter:20171119105141j:plain

 裏面の画像ってあまり無いんですよね。

f:id:Ed_hunter:20171119105436j:plain

ボディが、通常のストラトより厚いように見えませんか? 恐らく、無塗装だったボディの厚いストラトモデルをペイントしたのが、サークルモデルと思われます。

f:id:Ed_hunter:20171119105230j:plain

裏面からSEE-YAとも呼ばれています。UncahinedのMVでも使っていたんでUncahinedとも呼ばれたりしますね。

f:id:Ed_hunter:20171127212153j:plain

もう一本、無塗装のギターが登場します。こちらもボディが厚いように見えます。厚めのローズ指板のネックは、フランケンでも一時使っていたように思います。

f:id:Ed_hunter:20171119105020j:plain 

こちらは、ネックポケットの文字からRudeと呼ばれています。

f:id:Ed_hunter:20171119105418j:plain

 一番右にRudeが有りますが、ネックがダンエレクトロを改造したものになっています。このネックも一時的にフランケンで使用されますね。

f:id:Ed_hunter:20171128205733j:plain

サークルは、この後、消息不明になってしまうので、ラスタにリペイントされたとする説もあるようです。