A Different kind of truth

ブラウンサウンドの異なる真実。月に1度の更新予定です。

EVH "Brown Sound"

EVHブラウンサウンドと言っても時期によって大分違いがありますが、多くの人がイメージするのは、1stアルバムのサウンドではないでしょうか。多くの人が、チャレンジしたこの歪みは、謎が多く未だに再現できていないように思います。デビュー直前の写真では、100Wのマーシャルの他に50Wのマーシャル、VOXのアンプ、そしてあまりにも有名なヴァリアック(ヴォルテージレギュレイター)が見えます。マーシャルアンプが、220ボルト仕様であったため、電圧を上げて使っていたと言われます。

f:id:Ed_hunter:20170625164017j:plain

 2ndアルバム以降はともかく、1stアルバムのサウンドは正規の電圧を変えた程度とは思えない程、とても歪んでいますので、何かブースターの類を使っていたのではという疑惑が持たれます。

f:id:Ed_hunter:20170811093741j:plain

 リッチーブラックモアは、アイワのテープレコーダーを改造したトレブルブースターを使っていたのは有名です。

f:id:Ed_hunter:20170811093834j:plain

 ジミーペイジは、エコープレックスをブースター的に使っていたと言う仮説からEPブースターなんかが発売されています。

f:id:Ed_hunter:20170811093713j:plain

 エコープレックス程度であれほど歪ませられるかと言う疑問もありますが、エディに関しては、エコープレックスは2台ともエコーとして使っているので、ブースターとして使っていたとは思えません。そこで、浮上してきたのがunivoxのエコーEC80です。こちらは、1台は予備ということですが、これだけ予備を用意しているのは不自然な感じもします。

f:id:Ed_hunter:20170811094129j:plain

 univoxのエコーは、プリアンプ部の増幅率も高くブースターとして使えた可能性も高いという噂です。と言うのは、 エコーのアンプ部は世界初のオーバードライブと言っても良いUNI-DRIVEというエフェクターとほぼ同じらしいからです。

f:id:Ed_hunter:20170811094225j:plain

実際にジミーペイジは、エコープレックスはエコーとして使い、ブースターとしてUNI-DRIVEを使っていた時期もあります。時期的には、UNI-DRIVEとかどうかは不明ですが、LED ZEPPELINのライブアルバムを聴くとペダルで歪みを切り替えているので、何らかのブースター(歪み)系ペダルを使っているのは確実でしょう。ちなみにジミーペイジマニアの要望でUNI-DRIVEのクローンペダルは、いくつか発売されています。やはり、エディも何らかのブースターを使っている可能性は高いと思われます。さてその正体は、univoxのエコーなのでしょうか?