A Different kind of truth

ブラウンサウンドの異なる真実。月に1度の更新予定です。

Frankenstrat

ここで、フランケンシュタインの歴史を振り返ってみましょう。

*デビュー前

f:id:Ed_hunter:20170304232133j:plain

・シャーベル(ブギーボディ)の無塗装ボディに自作ピックガードにゼブラのマイティマイト。ネックは、おそらくフェンダー製でしょう。

f:id:Ed_hunter:20170225113344j:plain

ブラックボディにフェンダー製ピックガード。ピックアップは、ゼブラのまま。

VAN HALENはレコーディング(1977/8/31〜9/8)後に白黒フランケンが登場。

f:id:Ed_hunter:20170401163907j:plain

白黒ボディに2つのノブにシャーベル(ブギーボディ)のネック(1977/9)。ピックアップは、P.A.F.では無くステッカーナンバードでしょうか。その後、1ノブ化しVAN HALEN 1st Tour (1978/3〜12)で使用します。

Van Halen II(1978/12~1979/1)をレコーディング。ここから先は、有名なんで簡単に紹介します。

f:id:Ed_hunter:20170729082730j:plain

レコーディング終了後(1979/1)に赤をペイント。

f:id:Ed_hunter:20170729082808j:plain

f:id:Ed_hunter:20170729082820j:plain

VH2ツアー(1979/3~10)の途中でスネイクに付いていた黒ヘッドのネックに交換。ピックアップは、熱で変形したり、ニッケルカバーの時期もありました。

*Women and Children First(1979/12~1980/2)

f:id:Ed_hunter:20170729083106j:plain

f:id:Ed_hunter:20170729083057j:plain

WACF(World Invasion)ツアー(1980/3~11)は、フロイドローズが初登場。黒ヘッドからバンブルビーのネックを移植。ピックガードも少しまとめに。ダブルクリームのピックアップは、セイモアダンカン製でしょうか。

Fair Warning(1981/3~4)

f:id:Ed_hunter:20170729085307j:plain

・FWツアー(1981/5~10)ピックガードが変更、ブリッジ部にコインが取り付けられています。ピックアップは、黒ボビンになります。
*Diver Down(1982/1~3)

f:id:Ed_hunter:20170729090540j:plain

f:id:Ed_hunter:20170729090607j:plain

・DD(Hide Your Sheep)ツアー(1982/7~1983/2)では、21Fのネックを22Fのネックに交換したり、ファインチューナー付きのプロトタイプのフロイドローズに変更。

f:id:Ed_hunter:20170729092800j:plain

f:id:Ed_hunter:20170729090825j:plain

f:id:Ed_hunter:20170729091244j:plain

・US Festival(1983/5/23)では、クレイマーのネックが取り付けられ、フロイドローズも新しいものになります。おそらく、ブリッジ位置を変更しています。1984は、1983年にレコーディング。1984ツアー(1984/1~9)では、5150がメインでフランケンは引退。