A Different kind of truth

ブラウンサウンドの異なる真実。月に1度の更新予定です。

Franky's P.A.F

f:id:Ed_hunter:20170625164017j:plain

1977年9月8日までレコーディングし、9月16日に初登場した白黒フランケン。この時のダブルブラックのピックアップが、本人の言う通りギブソンES335から取ったPAFシールの貼っているギブソンのハムバッカーなのでしょうか。

f:id:Ed_hunter:20170625163918j:plain

'61年製の335と言われていますが、ブロックインレイにストップテイルピースなので、62~64年製と思われます。但し、ノブがソンブレロタイプなので65年以降のものをストップテイルピースに改造したとも考えられます。ピックアップの外観は、スクエアウィンドウ付きでT-topでは無いことから、62年~67年のナンバードPAFの可能性が高いです。オリジナルの状態では、7.6k~8kΩのショートアルニコ5のピックアップであることになります。

f:id:Ed_hunter:20170625164409j:plain

古いギブソンのハムバッカーは、コイル保護テープが片側しか巻かれていませんので、表側からマグネットを確認することができます。写真の右側のボビンの下にマグネットがほとんど見えませんので、ショートアルニコで間違いないでしょう。初期の5150のピックアップもショートアルニコのようです。

f:id:Ed_hunter:20170625165910j:plain

セイモアダンカン氏が、リワインドの広告を出したのが77年末のことですので、白黒フランケンにP.A.F.を載せてしばらくは、オリジナル状態で78年のツアー前にリワインドしたと考えるのが良さそうに思われます。

広告を非表示にする