A Different kind of truth

ブラウンサウンドの異なる真実。月に1度の更新予定です。

Mighty Mite Pickups

エディが、1stアルバムのレコーディング前に使っていた、サンバーストと黒、そして無塗装のストラトに載せていたのが、クリームとゼブラのマイティマイトのピックアップでした。

f:id:Ed_hunter:20170521221038j:plain

 マイティマイト社は、もともとはディマジオのピックアップの西側地域のディストリビューターでした。しかし、それ以外の地域にも販売したため契約を打ち切られてしまったため、ディマジオのコピー商品を自前で作り発売することとしました。 本当かどうかは良く分かりませんが、その当時は無名のセイモアダンカンが製造していたと言われています。

f:id:Ed_hunter:20170521221047j:plain

 マイティマイトのハムバッカーには3つのモデルがあり、#1300と#1400はダブルヘクサスクリューで、#1600はダブルスラッグのポールピースになります。資料を見るとモデルによってボビンの色が違うようにも見えますが、モデルとカラーに関連は無いようです。#1300(Distortion)は、ディマジオのスーパーディストーションのコピーで直流抵抗値13.5Kのセラミックと思われます。#1400(Vintage)は、同じくスーパー2のコピーで9.5Kのセラミックと思われます。#1600は、#1300と同スペックでポールピースが違うだけのようです。

f:id:Ed_hunter:20170521221059j:plain

マイティマイトのピックアップの特徴は、 ボビンに孔が開いていない点です。この当時のディマジオは、3孔ですので簡単に見分けがつきます。ワイヤーは、ボンデッドワイヤーと言う珍しいものを使っていたようです。

f:id:Ed_hunter:20170521221243j:plain

エディが、使用していたのはゼブラとクリームのものでしたが、ダブルクリームはその後、シャークに移植されています(ボビンに孔が空いていません)。

f:id:Ed_hunter:20170521221226j:plain

 こちらは、ボビンに孔があるのでディマジオのスーパーディストーションでしょう。マグネットは、P.A.Fのものに替えているとの発言もありました。

f:id:Ed_hunter:20170527112208j:plain

こちらのゼブラカラーのピックアップもひょっとするとマイティマイト製かもしれません。