A Different kind of truth

ブラウンサウンドの異なる真実。月に1度の更新予定です。

Charvel

f:id:Ed_hunter:20170304231958j:plain

フランケンストラトは、ウェインシャーベルのお店で購入したボディとネックを組み立てて造られたと言われています。当時のカタログですが、1977年5月となっており丁度、ブラックストラトを使われていた時と同じ時期です。丁度、その頃に発売されたのでは無いかと思われます。広告では、シャーベルブランドとなっています。

f:id:Ed_hunter:20170304232227j:plainf:id:Ed_hunter:20170304232243j:plain

1976年にウェインシャーベルとリンエルスワースは、ブギーボディーズで交換用のボディとネックの発売を始めました。有名な亀のマークは、元々はリンさんのものだったようですが、ケンワーマスが1980年に立ち上げたワーマスギタープロダクツに引き継がれています。

f:id:Ed_hunter:20170304232104j:plain

リンエルスワースは、シアトルでアンティーク家具を作っていましたが、ウェインシャーベルがエキゾチックでストラトのボディの製作を持ちかけたとのこです。フェンダー製と僅かに異なるボディシェイプは、シャーベルの所在地にちなんでアズサシェイプとも呼ばれています。

f:id:Ed_hunter:20170304232112j:plain

12フレットのポジションマークが狭めのラージヘッドは、初期フランケンそのものにように見えます。

f:id:Ed_hunter:20170304232133j:plain

 ボディとネックを組み立てる前に、フェンダーストラトに無塗装のボディを取り付けて使用していたことがあったようです。ピックガードは、白黒フランケンと同じもので、ピックアップは、ゼブラのマイティーマイトのようです。ボディ材は、木目の感じからアッシュのように見えます。その後、ネックを取り付け白黒ペイントしたのではないでしょうか。