A Different kind of truth

ブラウンサウンドの異なる真実。月に1度の更新予定です。

Black Rosewood

 フェンダー製のサンバーストストラトの後に確認されているのが、ブラックボディにローズウッド指板のストラトキャスターです。白黒フランケンの目撃が77年後半ということもあり、この状態で1stアルバムがレコーディングされたとする説が有力なようです。

f:id:Ed_hunter:20170225113623p:plain

雑に切り取られたピックガードはそのままで、ピックアップがダブルクリームからゼブラに交換されている以外は、フェンダーのサンバーストとほとんど同じようです。

f:id:Ed_hunter:20170225113344j:plain

ノブは、白いスピードノブ2つからストラト用?の1つに。恐らく結線されていないと思われるピックアップセレクターの位置は、ブリッジ側。センターピックアップは、ネジが取れてるのかずいぶんと斜めですね。ストラップは、普通のレザー製のようです。

f:id:Ed_hunter:20170225120136j:plain

ブラックボディのストラトは古いタイプのピックガードで、ビスの位置がその後自作ピックガードや白のピックガードとは異なります。

f:id:Ed_hunter:20170225114949j:plain

f:id:Ed_hunter:20170225114959j:plain

f:id:Ed_hunter:20170225114816j:plain

そして、フランケンには、古いピックガードのビス穴の跡が残っていることから、ブラックストラトは白黒ペイント前のフランケンのボディである可能性が高いと思われます。

f:id:Ed_hunter:20170225115146j:plain

 果たして、フランケンのボディは、フェンダーのサンバーストのリペイントなのか、それともブギーボディーズ製でブラックのストラトは普通のストラトに戻ったのでしょうか。