A Different kind of truth

ブラウンサウンドの異なる真実。月に1度の更新予定です。

Early EVH guitar

デビュー前の使用ギターを確認してみましょう。

f:id:Ed_hunter:20171014103614j:plain

後にシャークとなるアイバニーズ製のエクスプローラのコピーモデルです。もともとは、ナチェラルのようです。

f:id:Ed_hunter:20171014103624j:plain

その後、ホワイトにリフィニッシュします。ヘッドもネック裏も塗装しているようです。ピックアップは、オリジナルのようです。ノブは、ストラト用のように見えます。

f:id:Ed_hunter:20171014103711j:plain

珍しくレスポールです。色は黒でしょうか。ラージヘッドに見えるので70年製のように思えます。ひょっとするとミニハムバッカーかも?

f:id:Ed_hunter:20171112110541j:plain

こちらは、ゴールドトップにP90です。69年製だと思われます。ブリッジ側は、ハムバッカーに改造しているようです。

f:id:Ed_hunter:20171014103741j:plain

f:id:Ed_hunter:20171014103757j:plain

こちらは、レスポールジュニアのダブルカッタウェイ。P90なんでしょうか?

f:id:Ed_hunter:20171014103809j:plain

同じくレスポールジュニアですが、シングルカッタウェイです。確か、ハムバッカーに改造していたような。ギブソンのギターが多いですね。

 

Arcane Bulldozer

アーケインインクのブラウンバッカーが気に入ったので、ブルドーザーというP.A.F.系ピックアップも購入してみました。 

f:id:Ed_hunter:20171015162812j:plain

ブラウンバッカーは島村ブランドのストラト、ブルドーザーはフジゲンで一番安いレスポールモデルに載せました。

f:id:Ed_hunter:20171015162819j:plain

今回は、ラージリバーブをかけてみました。(ブラウンバッカーもリバーブを追加しました。)

バーブをかけるとそれっぽくなりますね。こちらもとても優秀なピックアップだと思います。

Customized fuzz box

「ヘッドアンプのラックの中には、BOSSのイコライザー、エコープレックスの本体、”カスタマイズしてあるファズボックス"、予備のフランジャー。」とエディ本人の発言があります。ブラウンサウンドの秘密は、このファズボックスなのでしょうか?果たしてその正体は、歪みペダルなのでしょうか?

f:id:Ed_hunter:20170820061507j:plain

こちらは、1stツアーの時ですが、日本でのものとほとんど同じようです。つまり、ファズボックス#1、#2ともあります。一説では、ファズボックス#1は、ツアー中に紛失(盗難)してしまったようです。

f:id:Ed_hunter:20170820061535j:plain

そして、2ndアルバムレコーディング時には、ファズボックス#2が確認されます。ファズボックスが、スイッチボックスだとしたらスタジオで使う可能性は低いですから、中にはブースター、もしくは歪みペダルの可能性が高いと思われます。となると、1stアルバムと2ndのサウンドの違いは、ファズボックス(中身は歪みペダル)が違うからという可能性が出てきます。

f:id:Ed_hunter:20170820061604j:plain

1stツアーの時に目撃されたカラーサウンドのトーンベンダーですが、2ndアルバムレコーディング時には、マイケルアンソニーの足元にあります。但し、購入したのはエディで1stアルバムレコーディングに使っていたという可能性もなくはないでしょう。

f:id:Ed_hunter:20170820061641j:plain

 2ndツアー時の足元は、ファズボックス#1、#2とグライコは無くなり、フランジャーフェイザーとエコープレックスのスイッチだけです。

f:id:Ed_hunter:20170820061706j:plain

インタビュー通りなら、 エコープレックス本体とグライコ、ファズボックス(恐らく#2)が、アンプヘッドのラックの中にあるんでしょう。

f:id:Ed_hunter:20170820061756j:plain

その後は、エフェクターボードになるのですが、詳細は不明です。やはり、ファズボックスは、スイッチボックス(ラインセレクター)ではなく、ブースター、もしくは歪みペダルであり、#1、#2では中身が異なる可能性が高いでしょう。

Arcane Brown Bucker

ブラウンサウンドと言えば、あまり歪んでいないのに歪んで聞こえるのが特徴ですが、その一因は、やはりリワインドしたP.A.F.ハムバッカーでしょう。歪みは、倍音が増えると言われますが、ピックアップ自体が倍音をよく拾うと歪みが少なくても歪んでいるように聞こえます。そう、磁力の弱いP.A.F.ハムバッカーは、倍音をとてもよく拾います。

f:id:Ed_hunter:20170918143633j:plain

最近は、ハンドワウンド、ブティック系と言った高級ピックアップメーカーがたくさんあり、ブラウンサウンドを謳ったモデルも数多くあります。アーケインは、ジョージリンチ、フィルXと言ったギタリストの他、charvel、bogner 向けの製品もある注目のメーカーです。

ダンカンの78モデルよりも出力は低めで、倍音感、音のレンジとも格段に良いと思います。ダンカンは、最近のブティック系に比べるとゴツゴツと荒々しく、エディモデルっていうより、LAメタルモデルって感じます。

Confirmation bias

確証バイアスとは、仮説を検証する際にそれを支持する情報ばかりを集め、反証する情報を無視または集めようとしない傾向のこと。

f:id:Ed_hunter:20170401164742j:plain

今からちょうど40年前にレコーディングされたVan Halenのデビューアルバム。そのギターサウンドは、未だに再現することは難しく、本人さえも再現できないとも言われている。

f:id:Ed_hunter:20170813143519j:plain

ブラウンサウンドの答えは、改造したオールドマーシャルを電圧を変えているというのが定説となっており、何人ものアンプビルダーがチャレンジしているが、あまり成功しているとは言えないだろう。これは、今のアンプビルダーがダメでホセだけが天才なのだろうか?いや、むしろ改造オールドマーシャル説自体が、間違っているのでは無いかとの疑念がわいてきます。

f:id:Ed_hunter:20170813144241j:plain

実は、ユニボックスブースターのクローンを入手し、ブースターとして使用したところかなりブラウンサウンド感が増し、アンプ直説について否定的になりました。そこで、かつてのエディのインタビューを読み直してみることにしました。 答えは、79年11月号のインタビューにありました。

 ーエフェクツは?ー

「いつも通りだよ。・・・エコープレックスの本体、”カスタマイズしてあるファズボックス"、予備のフランジャー

f:id:Ed_hunter:20170813144429j:plain

エディは、アンプ直では無く歪みペダルを使っていた。これが、ディファレントカインドオブトゥルースなのでは無いでしょうか。

f:id:Ed_hunter:20170813144438j:plain

78年9月号の記事ですが、トーンベンダーにディストーションユニットと書かれていますが、先入観無しだと歪みペダル併用と考えるのは、とても自然なことのように思われます。エディ本人が、歪みペダルを使っていると言っているのは、反証する情報であり、無視された。これこそ、確証バイアスでしょう。

EVH "Brown Sound"

EVHブラウンサウンドと言っても時期によって大分違いがありますが、多くの人がイメージするのは、1stアルバムのサウンドではないでしょうか。多くの人が、チャレンジしたこの歪みは、謎が多く未だに再現できていないように思います。デビュー直前の写真では、100Wのマーシャルの他に50Wのマーシャル、VOXのアンプ、そしてあまりにも有名なヴァリアック(ヴォルテージレギュレイター)が見えます。マーシャルアンプが、220ボルト仕様であったため、電圧を上げて使っていたと言われます。

f:id:Ed_hunter:20170625164017j:plain

 2ndアルバム以降はともかく、1stアルバムのサウンドは正規の電圧を変えた程度とは思えない程、とても歪んでいますので、何かブースターの類を使っていたのではという疑惑が持たれます。

f:id:Ed_hunter:20170811093741j:plain

 リッチーブラックモアは、アイワのテープレコーダーを改造したトレブルブースターを使っていたのは有名です。

f:id:Ed_hunter:20170811093834j:plain

 ジミーペイジは、エコープレックスをブースター的に使っていたと言う仮説からEPブースターなんかが発売されています。

f:id:Ed_hunter:20170811093713j:plain

 エコープレックス程度であれほど歪ませられるかと言う疑問もありますが、エディに関しては、エコープレックスは2台ともエコーとして使っているので、ブースターとして使っていたとは思えません。そこで、浮上してきたのがunivoxのエコーEC80です。こちらは、1台は予備ということですが、これだけ予備を用意しているのは不自然な感じもします。

f:id:Ed_hunter:20170811094129j:plain

 univoxのエコーは、プリアンプ部の増幅率も高くブースターとして使えた可能性も高いという噂です。と言うのは、 エコーのアンプ部は世界初のオーバードライブと言っても良いUNI-DRIVEというエフェクターとほぼ同じらしいからです。

f:id:Ed_hunter:20170811094225j:plain

実際にジミーペイジは、エコープレックスはエコーとして使い、ブースターとしてUNI-DRIVEを使っていた時期もあります。時期的には、UNI-DRIVEとかどうかは不明ですが、LED ZEPPELINのライブアルバムを聴くとペダルで歪みを切り替えているので、何らかのブースター(歪み)系ペダルを使っているのは確実でしょう。ちなみにジミーペイジマニアの要望でUNI-DRIVEのクローンペダルは、いくつか発売されています。やはり、エディも何らかのブースターを使っている可能性は高いと思われます。さてその正体は、univoxのエコーなのでしょうか?

EVH "Frankenstrat"

ここで、フランケンシュタインの歴史を振り返ってみましょう。

*デビュー前

f:id:Ed_hunter:20170128222059j:plain

・サンバーストのフェンダーストラトにダブルクリームのマイティマイトのハムバッカーです。ブリッジや配線系は、フランケンに引き継がれたかも知れません。

f:id:Ed_hunter:20170304232133j:plain

・シャーベル(ブギーボディ)の無塗装ボディに自作ピックガードにゼブラのマイティマイトのハムバッカー。ネックは、おそらく上記のフェンダーでしょう。

f:id:Ed_hunter:20170225113344j:plain

・一見、サンバーストとは別の黒のフェンダーストラトのようですが、上の恐らくシャーベルを黒にペイントしフェンダー製ピックガードを付けたようです。ピックアップは、引き続きゼブラのマイティマイトのハムバッカー。

VAN HALENはレコーディング(1977/8/31〜9/8)後に白黒フランケンが登場。ネックを取り替え、ピックガードも上記の無塗装のものです。

f:id:Ed_hunter:20170401163907j:plain

・白黒ボディに2つのノブにシャーベル(ブギーボディ)のネック(1977/9)。ピックアップは、P.A.F.では無くステッカーナンバードでしょうか。その後、1ノブ化しVAN HALEN 1st Tour (1978/3〜12)で使用します。

Van Halen II(1978/12~1979/1)をレコーディング。ここから先は、有名なんで簡単に紹介します。

・レコーディング終了後(1979/1)に赤をペイント。

f:id:Ed_hunter:20170729082808j:plain

f:id:Ed_hunter:20170729082820j:plain

・VH2ツアー(1979/3~10)の途中でスネイクに付いていた黒ヘッドのネックに交換。ピックアップは、熱で変形したり、ニッケルカバーの時期もありました。

*Women and Children First(1979/12~1980/2)

f:id:Ed_hunter:20170729083106j:plain

f:id:Ed_hunter:20170729083057j:plain

・(World Invasion)ツアー(1980/3~11)は、フロイドローズが初登場。黒ヘッドからバンブルビーのネックを移植。ピックガードも少しまとめに。ダブルクリームのピックアップは、セイモアダンカン製でしょうか。

Fair Warning(1981/3~4) ・FWツアー(1981/5~10)ピックガードが変更、ブリッジ部にコインが取り付けられています。ピックアップは、黒ボビンになります。
*Diver Down(1982/1~3)

f:id:Ed_hunter:20170729090540j:plain

f:id:Ed_hunter:20170729090607j:plain

・DD(Hide Your Sheep)ツアー(1982/7~1983)では、21Fのネックを22Fのネックに交換したり、ファインチューナー付きのプロトタイプのフロイドローズに変更。

f:id:Ed_hunter:20170729092800j:plain

f:id:Ed_hunter:20170729090825j:plain

f:id:Ed_hunter:20170729091244j:plain

・US Festival(1983/5/23)では、クレイマーのネックが取り付けられ、フロイドローズも新しいものになります。おそらく、ブリッジ位置を変更しています。1984は、1983年にレコーディング。1984ツアー(1984/1~9)では、5150がメインでフランケンは引退。